早い段階でのタメ口は避けて丁寧な言葉を使おう

ライブチャットにおいてより一層稼ぎたいということであれば、相手の男性に対してどのような言葉遣いで接すればいいのかについても気を遣ったほうがいいでしょう。言葉によって気づ付けられたり不快に思うということもありますので、お互いが気持ちよくするためには言葉遣いを考えた方がいいです。なるべくなら丁寧な言葉で終始通したほうがいいですが、関係性によってはタメ口でも構わないでしょう。

万人受けが必要なら丁寧な言葉遣いをしましょう

まず考えてもらいたいこととして、フレンドリーな対応と失礼な対応というのは180度異なるということです。フレンドリーな対応をしようと思って早い段階でタメ口を使ったとしても、そんなに関係性が深まっていないので相手としたら失礼な対応だと感じることがあります。

グループチャットや複数チャットの場合は女性1人に対して男性が複数人いるという状況ですので、万人受けを狙うという意味で丁寧な受け答えをしてみるといいでしょう。タメ口でしゃべっていいかどうか迷うくらいならずっと丁寧な言葉遣いをした方がライブチェットにおいて人気が上がります。

2ショットで関係が深まったならタメ口もいいでしょう

相手の男性との間で比較的関係性が深まってきたなあという場合にはタメ口でしゃべるというのもいいでしょう。グループチャットなどでは丁寧な言葉遣いなのに対して、2ショットだけはタメ口というのも特別さを感じてしまうものです。

相手との関係性において言葉遣いを考えよう

ライブチャットで稼ぎたいのであれば、相手の男性との対応を良くすることを考えた方がいいです。対応が悪いという風に自覚しているならば言葉遣いについても気を遣ったほうがいいでしょう。

関連する記事